60歳からの予防歯科

60歳からの予防歯科

長寿の秘訣は健康な歯

厚生労働省が提唱する「8020運動」という運動があります。“80歳になっても健康な自分の歯を20本保とう”という運動です。元来成人の歯は28本(親知らずを含めると32本)で、60代で残っている自分の歯の平均本数は21本という数字が挙がっています(平成11年時点)。つまり、80歳まで自分の歯を20本以上残しておくためには、60代からの予防歯科治療も遅くはないということです。
年齢を重ねると唾液の分泌量が減り、口腔内の自浄性が低下して虫歯や歯周病になりやすいという事実があります。予防次第で自分の歯を長く保つことが可能な60代のうちに、お口の中と全身の健康を意識した口腔ケアを心がけましょう。

健康な歯を保つには

歯を失ってしまう原因の9割以上が、虫歯と歯周病です。虫歯も歯周病も初期には自覚症状の無いことが多いので、歯に穴があいた、痛いなどの自覚症状が起きる前に、定期的な予防を行って疾患の進行を抑えることがとても重要です。
一人おひとりの口腔内の状態に合わせてメンテナンスの方法や定期検診の時期についてご指導し、予防処置を行います。

PMTC
Professional 専門家が行う、Mechanical 機械的な、Tooth 歯の、Cleaning 清掃のことです。
毎日の歯磨きでは清掃が不十分なところを、ラバーカップ等の機械的清掃器具と、フッ素入りペーストを用いて歯をキレイにクリーニングし、歯周病も虫歯も予防できます。
フッ素
フッ素は、歯に塗布する事で歯質を強化し、虫歯になりにくくします。
フッ素は人間の身体にも含まれていて「歯や骨の発育に有益な微量元素」として認められており、お茶や海草などにも含まれているものなので安心して使用できます。歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で 行うフッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口があります。これらを併用することによって、フッ素による虫歯予防の相乗効果が期待できます。

イラスト

全身疾患の危険性

歯周病は治療をせずにそのまま放置していると、他の病気を引き起こしてしまう危険性もあります。
次の病にかからないために、歯周病の治療をおこない口腔内の健康を常に保つようにしましょう。
以下は歯周病が原因で引き起こしてしまう病例です。

歯周病が原因で引き起こしてしまう病例

アクセス・診療時間

〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町2-18-1
有馬パレス阿倍野101

平日 日祝
9:30~21:00 9:00~19:00 9:00~13:00

P 駐車場20台完備