子どもの虫歯予防

子どもの虫歯予防

子どもの虫歯予防について

お子様の虫歯予防は、歯が生えたときから始めるほうがよいでしょう。小さいころからきちんと予防に取り組んでいれば、発症を防ぐことができます。
小さなころからの予防習慣は、生涯のお口の健康維持につながります。虫歯を放置しておくと、味覚形成や顎の成長など、将来にわたって悪影響が及ぶこともあります。
当院では成長時期に合わせた予防を行っております。ブラッシング指導や新しく生えた歯にフッ素を塗るなど、乳歯の時期から顎と体の成長バランスを見つつ、お子さまの健康管理をサポートしてまいります。

予防歯科メニュー

シーラント
奥歯や前歯の溝をプラスチック樹脂の一種で一層埋めることにより、虫歯を予防します。
主に、大人の歯と異なり未成熟で弱い、生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。
フッ素塗布
フッ素は歯のエナメル質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があります。定期的に歯の表面にフッ素を塗って膜を作り、虫歯菌から歯を守ります。
塗った場合と塗らなかった場合とでは、虫歯のリスクがおよそ3割程度変わるといわれます。ごく初期の虫歯であれば、治癒するケースもあります。
キシリトール
天然の成分ですので薬品のような即効性の効果はありませんが、 2週間目ころからむし歯の原因菌数の減少が始まり、さらにローリスクのレベルまで達成するいは少なくとも約3ヶ月を要します。 その効果を有効に持続させるには1~2年の摂取が必要とされます。 また市販で販売されているガムなどは、キシリトール成分が少ないため歯科医院専売品をお勧めしております。

治療の流れ

Step1. お口の中のチェック
画像虫歯や歯周病の検査、また咬み合わせの状態を測定します。
Step2. PMTC
画像プロの手によるクリーニングで汚れをとりのぞき、歯や歯肉の健康を維持します。
Step3. スケーリング
画像歯周ポケットなどに入り込んで固まった歯石など、虫歯・歯周病・口臭の原因をとりのぞきます。
Step4. 口腔衛生指導
画像お子様のお口の状態に合った、正しいブラッシング方法をご指導いたします。
小さなお子様であれば、保護者の方もご一緒にブラッシング指導を受けていただきます。

メンテナンスを1ヶ月に1回程度受けていただくのが理想的です。
また、4ヶ月に1回ほど歯頚部を中心にフッ素の塗布を行うと、より効果的に予防することができます。

アクセス・診療時間

〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町2-18-1
有馬パレス阿倍野101

平日 日祝
9:30~21:00 9:00~19:00 9:00~13:00

P 駐車場20台完備